画家一覧

日本の洋画家

今井俊満(いまい としみつ)

1928年~2002年
日本の洋画家。
アンフォルメルの画家として、日本とパリを拠点に活動した。

1948年 第12回新制作派協会展で入賞。
1952年 第1回フランス政府給費留学生として渡仏。
1962年 現代日本美術展優秀賞受賞。
1979年 紺綬褒章受章。
1983年 フランスの芸術文化勲章オフィシエ受章。
1995年 レジオン・ド・ヌール勲章シュバリエ受章。
1997年 フランス芸術文化勲章コマンドール受章。
2008年には文部大臣表彰。

サム・フランシス、ミッシェル・タピエらと交流しアンフォルメル運動に参加するとともにこれを日本に紹介。
重厚なマチエールを繊細な線で覆う独自の非具象絵画を確立。
1983年頃から日本の伝統美を蘇生させる「花鳥風月」シリーズを発表。
1990年代後半に「広島」や「長崎」などの戦禍の図を発表。



絹谷幸二(きぬたに こうじ)

1943年~
日本の洋画家。日本芸術院会員、独立美術協会会員、東京芸術大学名誉教授、大阪芸術大学教授、日本美術家連盟理事。

1966年 東京芸術大学美術学部油画科卒業制作展≪蒼の間隙≫で大橋賞を受賞。
1966年 独立美術協会第34回展で独立賞受賞。
1967年 独立美術協会第35回展で独立賞受賞。
1970年 新鋭選抜展に≪記憶の跡≫を選抜出品、優秀賞受賞。
1970年 ベヴィラックア・ラ・マーサ財団主催の展覧会でラ・マーサ賞受賞。
1974年 第17回安井賞展にて≪アンセルモ氏の肖像≫で安井賞受賞。
1977年 ≪アンジェラと蒼い空II≫が昭和51年度文化庁買い上げ優秀美術作品に選出。
1978年 イタリア・マニフェスト展にてマニフェスト賞受賞。
1983年 第2回美術文化振興協会賞を受賞。
1985年 第2回日本青年画家展に≪光ふる時≫を出品、優秀賞受賞。
1987年 第4回日本青年画家展に≪時の天使≫を出品、優秀賞受賞、東京芸術大学講師。
1987年 第19回日本芸術大賞受賞。
1988年 第5回日本青年画家展に≪涙するカトリーヌ≫を出品、優秀賞受賞。
1989年 第30回毎日芸術賞受賞、東京芸大助教授。
1993年 東京芸大美術学部教授。
2001年 ≪蒼穹夢譚≫ にて第57回日本芸術院賞受賞、芸術院会員となる。
2009年 絹谷幸二賞が毎日新聞主催で創設される。
2010年 東京芸術大学名誉教授を授与。大阪芸術大学教授に就任。
2014年 文化功労者。

アフレスコ壁画技法の国内第一人者。
空の青を背景に明るく躍動的な色彩で描かれた人物などが特徴的な作品が多い。
代表作に『長野冬季オリンピック公式ポスター』・『アンセルモ氏の肖像』・
『ダリア・ガナッシィーニの肖像』・『アンジェラと蒼い空II』等がある。



小磯良平(こいそ りょうへい)

1903年-1988年
洋画家

1925年「兄妹」が帝展入選。
1926年「T嬢の像」が帝展特選を果たす。
1928年 フランスに留学した時にルーブル美術館のパオロ・ヴェロネーゼ「カナの婚礼」に衝撃を受け、群像表現を極めることを生涯のテーマとする。
1933年 神戸でキリスト教の洗礼を受ける。
1936年「新制作派協会」(現・新制作協会)の結成に加わる。
1938年 1年間藤田嗣治らとともに陸軍省嘱託の身分で従軍画家として中国に渡り、帰国後戦争画を製作。
1941年 群像画の傑作「娘子関を征く」と「斉唱」を相次いで発表。
自身は当時、群像を書くため精力的に戦争画に取り組んだが、戦意高揚のために戦争画を書いてしまったことに心が痛むと晩年に語っている。
1970年 日本聖書協会の依頼により32点の聖書の挿絵を作成。

肖像画や群像表現に定評があり後進の指導も積極的に行い日本洋画界に大きな功績を残した。

代表作品一例

「T嬢の像」(1926年、兵庫県立美術館蔵)
「彼の休息」(1927年、東京藝術大学大学美術館蔵)
「日本髪の娘」(1935年、韓国国立中央博物館蔵)
「着物の女」(1936年、神戸市立小磯記念美術館蔵)
「練習場の踊り子達」(1938年、東京国立近代美術館蔵)
「斉唱」(1941年、兵庫県立美術館蔵)
「娘子関を征く」(1941年、東京国立近代美術館蔵)
「二人の少女」(1946年、神戸市立博物館蔵)
「働く人びと」(1953年、三井住友銀行蔵)
「婦人像」(1960年、神戸市立小磯記念美術館蔵) - 元宝塚歌劇団の八千草薫がモデルを務めた作品
「絵画」(1974年、赤坂迎賓館蔵、赤坂迎賓館の大ホールにて展示)
「音楽」(1974年、赤坂迎賓館蔵、赤坂迎賓館の大ホールにて展示)
「KOBE, THE AMERICAN HARBOUR」(1985年、兵庫県公館)



東郷青児(とうごう せいじ)

1897年-1978年
洋画家

1914年 青山学院中等部を卒業。
日本橋呉服町に竹久夢二が開いた「港屋絵草紙店」に出入りし、下絵描きなどを手伝う。
1915年 日比谷美術館で初個展。この頃有島生馬を知り、以後師事。
1916年 第3回二科展に初出品した『パラソルさせる女』により二科賞を受賞。
1921年 フランスに留学。
この頃の作品には、ピカソらの影響が見られる。
1928年 第15回二科展に留学中に描いた作品23点を出品。
1929年 愛人の西崎盈子(みつこ)とメスで頸動脈を切り、ガス自殺をはかったが、救出される。
1931年 二科会入会。
1938年  二科会に「九室会」が結成され、藤田嗣治と共に顧問になる。
1957年  岡本太郎と共に日活映画『誘惑』に特別出演(西郷赤児役)。日本芸術院賞受賞。
1960年 日本芸術院会員。
1961年 二科会会長に就任。
1969年 フランス政府より芸術文化勲章(オフィシエ)を授与される[3]。
1976年  勲二等旭日重光章授与。
1978年 急性心不全のため死去。没後、文化功労者、勲二等旭日重光章、正四位追贈。

独特のデフォルメを施され、柔らかな曲線と色調で描かれた甘い女性像が人気を博し
本や雑誌、包装紙などに多数使われ、昭和の美人画家として戦後一世を風靡した。
派手なパフォーマンスで二科展の宣伝に尽力し、「二科会のドン」と呼ばれた。



彼末宏 (かのすえ ひろし)

1927年-1991年
洋画家

1953年 国画会展に初入選,
1960年 「城跡」で会友優作賞を受賞会員。
1962年 東京芸大教授。
1991年 死去。

個性的で独自の暗色の地に明るく鮮やかな色点が独自の画風です。



野間仁根(のま ひとね)

1901年-1979年
洋画家
1922年 久遠社を結成し美校倶楽部にて第1回展開催。
1924年 「静物」第11回二科展出品、初入選。神田竹見屋にて個展開催、約30点出品。
1925 東京美術学校卒業。卒業制作百号「裸婦」。「静物」第6回中央美術展出品。
9月、「静物」第13回二科展出品。童顔社展、約20点出品。
9月、「娘と人形」「摘草」など5点、第14回二科展出品。
9月、童顔社解散。
1928 
9月、「夜の床」など3点第15回二科展出品、第15回樗牛賞授賞。作品「壺の中のダリヤ」。
1929 1月、紀伊國屋にて展覧会。
拓榴社同人となる。「操り人形四種」「玩具の会話」第10回中央美術展出品。
9月、「ぜ・ふうるむうん」「友達」第16回二科展出品、二科賞受賞。
11月、銀座資生堂の漣洋画展に出品。
11月、拓榴社展に出品。作品「アルルカン」「柿」。
1930 9月、「龍桜」「濤声」「冬夜の歌」第17回二科展出品。二科会友となる。
1931 佐藤春夫作「むさしの少女」に挿絵を描く。
9月「La Promenade de l’artiste」「鴎」第18回二科展出品。アンデパンダン展出品。
1932 9月、「夏の夜の戯れ」「小鳥は楽しく鳴いている」第19回二科展出品。
9月、千駄木、福原平一借家に移住。
12月、津倉にて岡山市都窪郡帯江村、長瀬又七長女、志那子と結婚。
1933 9月、「画室」「睡れる旅人」第20回二科展出品。二科会々員となる。本郷区駒込千駄木町に移る。作品「麦畑と子供」。
1934 1月、長女佳子生まれる。下谷区に移る。銀座画廊にて個展開催。
9月、「魔法の森」第21回二科展出品。作品「かぶと虫と話す牛」「ライオンとかぶと虫」。
1935 長男伝治生まれる。新宿紀伊國屋画廊にて個展開催。
9月、「晩夏交響楽」「海辺」(2点)第22回二科展出品。作品「家族」。
1936 本郷駒込坂下町に移る。
9月、「花園の友人」「鮒と麦の花」など5点第23回二科展出品。
9月、坪田壤治『風の中の子供』(東京朝日新聞夕刊)の挿画連載を始める。作品「夜々の星」「壁」。
1937 二男雅二郎生まれる。銀座日動画廊、銀座ラテン画廊にて個展開催。坪田壌治作「三平チャンと善太君」(大阪朝日新聞夕刊)にて挿絵を書く。9月「夏の淡水魚」第24回二科展出品。
1938 2月、銀座日動画廊にて熊谷守一と共に個展開催。
8月、臨時召集により山砲兵第11連帯に応召、中国へ渡る。
9月、「夏園」「田園」第25回二科展出品。作品「薔薇と雀」
1939 5月、召集解除。日動画廊にて個展開催。約20点出品。銀座三越にて第1回新水彩展開催。「看護婦の散歩」「花と水鳥」「檳榔樹の並木」第26回二科展出品。
1940 1月から千葉県安房郡太海へ、8月伊豆、10月茨城県龍ヶ崎町など写生旅行。
第2回新水彩展、第5回京都市美術展、無涯社第1回展などへ出品。「春の海」「朝陽」春季二科展出品(高島屋)。「花実と白鷺」第27回二科展出品。
5月、日動画廊で個展開催30点余を出品。『童話集』(小川未明著)『童心の花』(坪田壌治著)『愛児煩悩』(舟橋聖一著)の装幀を行う。
1941 4月、妙義山写生旅行。
5月、長野県初谷砿泉に写生旅行。
5月、三男利根生まれる。
6月、日動画廊にて新作油絵展開催。20点余を出品。
7月、大阪三角堂で個展開催。仏印巡回絵画展、洋画10作家新作発表展に出品。
10月、文化奉公会出征画家展に「広東の回想」出品。台東区桜木町に移る。作品「虫と猫」。『井伏鱒二随筆集』の装幀と表紙、扉画、『ドン氏の行列』(太田博也著)の装幀と表紙と扉画を行う。
1942 2月、嵯峨嵯温泉写生旅行。
第2回出征美術家展に出品、火野葦平作「ハタノウタ」に挿絵を書く。
8月、井伏鱒二の小説『花の街』(東京日々新聞朝刊)の挿画連載を始める。
9月、二科展に「越後毛渡沢渓流」「子供勤労」「葛飾の子供」を出品。
1944 1月、愛媛県に疎開。二科展解散。
1945 再建二科会入会。秋の審査に上京。作品「迷宮物語」。三男博生まれる。
1946 9月、「夜釣」「滞船」など6点第31回二科展出品。
1948 9月、「銀河」「夜々の星」など4点第32回二科展出品。作品「魚」
1948 作品「風景」「瀬戸内の海」
1949 作品「田舎の家族」「受胎告知」「処女宮」。
9月、「かっぱと花」「壺の花」など6点第34回二科展出品。
1950 9月「すばる星と金牛宮」「夜曲夜釣」など4点第35回二科展出品。
1951 9月、「魚歌水心」「魚譜」など4点第36回二科展出品。
作品「星座」「海」。
1952 日展改組に審査員として出席、7月上京。
9月、「海の花苑」「川口」など4点第37回二科展出品。
「瀬戸内海・南浦風景」芸大文庫買上げ。毎日新聞連載、石川達三作「青色革命」に挿絵を書く。作品「漁火」
1953 2月頃家族上京。
9月、「漁火」「子供と昆虫」「谷中の森」第38回二科展出品。
作品「漁介」「兄弟と昆虫」「春潮」「嵯峨沢渓流」「房州太海海岸」。
1954 東京の自宅を回収。作品「牡丹」「浜離宮」、「5月の花」国際新美術展出品。
9月、「昆虫」。「街の散歩」など5点第39回二科展出品。
1955 6月、鈴木信太郎らと二科会退会。7月、鈴木、高岡徳太郎らと一陽会結成。9月、日本橋高島屋で第1回展開催、「星座・アンドロメダ」「貝殻」「生物B」「双魚」出品。
1956 日動画廊にて近作展開催。
8月、「森のニンフ」第2回一陽会出品。「メバル」
1957 8月、「渦潮」「裸婦七人」第3回一陽会出品。
1958 野間仁根個展開催。
9月、「水浴」「水辺の物語」第4回一陽会出品。「外房州天面海辺」。
1959 9月「鳥の会話」第5回一陽会出品、「魚と釣師」。
1960 第1回谺会出品。野間仁根新作油絵展。秀作デッサン展。
9月、「ダリア」「疚太風景」第6回一陽展出品。作品「河童の酒宴」「メバルとヨメガサ」。
1961 野間仁根油絵個展を松坂屋で開催。
9月、「聖人文壺のダリア」など3点第7回一陽展出品。作品「蜂」
1962 野間仁根新作油絵展、野間仁根油絵小品展開催。
9月、「浜木綿」など3点第8回一陽展出品。
1963 9月、「漁村の岩山」など3点第9回一陽会出品作品「浜木綿」「星座・琴の二重星」。
1964 9月、「天河」「薔薇」第10回一陽会出品。「春の星座」。
1965 9月、「未来水道」「魚の散歩」第11回一陽会出品。
1966 9月、「吉浦漁村」「天面漁村」第12回一陽会出品。
1967 千代田画廊にて、田崎広助、鈴木信太郎らと「三人展」開催。
9月、「来島水道仲度島付近」「能島水道」第13回一陽会出品。
1968 9月、「瀬戸内海・早川」「瀬戸内海・能島鯛崎」第14回一陽会出品。
1969 9月、「瀬戸内海石槌山遠望」「瀬戸内海早川の景」第15回一陽会出品。
1970 9月、「森の友達」「虫の演奏会」第16回一陽会出品。
1971 9月、「瀬戸内海・仲度島付近」「瀬戸内海漁港」第17回一陽会出品。
作品「メバル」「瀬戸内海・釣魚」「神々の集い」。
1972 9月、「瀬戸内海伯方島遠望」「瀬戸内海南浦の朝」第18回一陽会出品。
作品「露草とカマキリ」「露草とカタツムリ」「山彦」。
1973 9月、「常石の眺望」「森の人々」第19回一陽会出品。「アネモネ」
1974 9月、「天ノ河」「森の友達」「旧作森の物語」第20回一陽会出品。「蟹」。
1975 9月、「森の友達」「虫の演奏会」第21回一陽会出品。「沼の河童」。
1976 9月、「森の猿」「森の妖精」第22回一陽会出品。「水辺の鳥」「森の人々」。
1977 9月、「蛙と猿」「ニンフの午睡」第23回一陽会出品。「外房州天面」。
1978 9月、「マリオネットの散歩」「森のヒッピイ」第24回一陽会出品。「泊港滞船」。
1979 9月「芸術の散歩」「森の楽人」第25回一陽会出品。「富嶽」絶筆「森の鳥たち」。12月30日逝去。78歳。

鮮やかな色彩と骨太な筆伸で幻想的な独特の画風です。



荻須 高徳(おぎす たかのり、1901年11月30日 - 1986年10月14日)

洋画家。

1901年 荻須高徳愛知県に生まれる。
1927年 東京美術学校(現・芸大)卒業。渡仏。
1928年 モンパルナスのアトリエに居を定める。
1930年 サロン・ドートンヌ会員。
1931年 サロン・デ・チュイルリーに招待されて出品。
1934年 ラット美術館(ジュネーヴ)でスイス最初の個展。
1936年 サロン・ドートンヌ会員に推挙される。
1937年 パリ万国博覧会美術展に「ガラージュ」を出品。
1940年 13年ぶりに帰国。紀元二千六百年奉祝美術展に「モンマルトル裏」を出品、文部省買い上げ。
1948年 再渡仏、以後在住。
1949年 モナコで開催されたモナコ賞展で大賞を受賞。
1953年 フランスの美術批評家協会からポピュリスト絵画賞を贈られる。
1954年 「ヨーロッパ画壇における活躍と日本美術界への貢献」に対して第5回毎日美術賞(特別賞)を贈られる。
1956年 パリ市立近代美術館の「フランスと世界の画家展」に出品。ブリジストン美術で荻須高徳展が開催される。フランス政府からレジオン・ドヌール勲章を授与される。
1961年 サロン・デ・トロワS(フォンテーヌブロー)で大賞を受賞。
1962年 サロン・アニエールに出品し受賞。
1964年 ロンドンのウィルデンシュタイン主催の「パリ記念展」に出品。
1965年 毎日賞受賞記念大荻須高徳展(東京などで開催)。
1966年 モンテ・カルロ・テレビジョン国際フェスティバルの審査員として招かれる。
1967年 ムルロー工房で最初のリトグラフ(石版画)制作。
1968年 サロン・デ・ザルッティスト・アンデパンダンに出品。
1970年 トルーヴィル国際ビエンナーレに出品。
1971年 神奈川県立近代美術館にて萩須高徳展開催。
1980年 荻須高徳稲沢市名誉市民に推挙される。
1981年 フランス造幣局が彫刻家ルネ・コラマリーニに荻須高徳のメダル制作を依頼。
1983年 生地の愛知県稲沢市に稲沢市荻須高徳記念美術館が開館する。
1986年 パリのアトリエにて死去。

荻須は画家として活動期間の大半をフランスの首都パリで過ごした。25歳で渡仏してから84歳で亡くなるまでフランスで暮らし、歴史の染み渡る古い石造りの建物やパリの裏町、名もない食品店などを描く。その後穏やかなタッチで造形性に富んだ構成でパリの都市風景を描くようになる。終戦後の1948年(昭和23年)、日本人画家として戦後初めてフランス入国を許可され再び渡仏。以後死去するまでパリで制作活動を行うことになる。



三岸 節子(みぎし せつこ、1905年1月3日 - 1999年4月18日)

洋画家。

1905年 愛知県中島郡小信中島村に生まれる。
1925年 婦人洋画会、結成。
1947年 女流画家協会の創立の発起人。
1951年 第一回芸能選奨(現・芸術選奨)を受賞。
1968年 フランスへ移住。(1989年に帰国。)
1986年 秋の叙勲で勲三等宝冠章を受章。
1988年 尾西市の名誉市民に推挙される。
1994年 女性洋画家として初めて文化功労者となる。
1998年 市は第三者の手に渡っていた節子の生家跡を買い取って三岸節子記念美術館を建設。11月3日に開館した。
1999年 急性循環不全のため、大磯の病院で死去。94歳

愛知県で尾張物の工場を営む裕福な家庭に生まれるが、不況により廃業し、そのショックから画家としての道を志し、岡田三郎助に弟子入りする。
静物画に詩的な画境を開き色彩画家として認められ、情熱的な色彩、重厚で力強い画風で知られる。1946年には女流画家協会結成に参加,女性画家の地位向上にも尽力した。



岡 鹿之助(おか しかのすけ、1898年(明治31年)7月2日 - 1978年(昭和53年)4月28日)

洋画家。

1898年 東京に生まれる。
1924年 東京美術学校を卒業。
1925年 渡仏。
1926年 サロン・ドートンヌに出品し入選。
1939年 帰国。
1940年 春陽会会員となり、第13回展に滞欧作を特別陳列。
1943年 第6回文展に「農家」を出品。
1952年 サロン・ド・メに「工場」「廃虚」を出品。「遊蝶花」で芸能選奨文部大臣賞受賞。
1956年 第2回現代日本美術展で「雪の発電所」が最優秀賞受賞。
1957年 「雪の発電所」で毎日美術賞受賞。
1964年 日本芸術院賞受賞。
1969年 日本芸術院会員となる。
1972年 文化勲章受章。
1978年 死去。

パリ時代にボナール,ザッキン,マルケらと親交。第2次大戦勃発のため39年に帰国。帰国後は春陽会に所属。スーラに学んだ点描画法と理知的構成の中に詩情をたたえた作風で知られ、秩序ある画面構成と清澄典雅な情感をたたえた画風を示す。静けさに満ちた幻想的な風景画(雪景色を描いたものが多い)を多く残した。代表作に「雪の発電所」など。



宮本 三郎(みやもと さぶろう、1905年5月23日 - 1974年10月13日)

洋画家。

1922年 上京し川端画学校洋画部で藤島武二に師事。
1927年 「白き壺の花」で二科展に初入選
1934年 初の個展を開く。
1936年 二科会会員に推挙される。
1938年 渡欧。
1939年 第二次世界大戦の勃発に伴い帰国。
1940年 陸軍省嘱託として小磯良平等と共に中国へ従軍。
1943年 「山下、パーシバル両司令官会見図」で帝国美術院賞受賞[1]。「海軍落下傘部隊メナド奇襲」で朝日賞受賞。
1946年 金沢美術工芸専門学校講師に就任。
1947年 熊谷守一、栗原信、黒田重太郎、田村孝之介、中川紀元、鍋井克之、正宗得三郎、横井礼市と共に第二紀会を結成。
1955年 東京教育大学非常勤講師に就任。
1966年 芸術院会員となる。
1971年 金沢美術工芸大学名誉教授に就任。
1974年 死去。

油絵の他に雑誌の挿絵、新聞小説の挿絵も多く手がけた。38~39年パリのアカデミー・ランソンに学ぶほか、ヨーロッパ各地を巡遊。42年太平洋戦争下の南方へ従軍して『山下・パーシバル両司令官会見図』を制作、翌年帝国芸術院賞を受ける。44年朝日文化賞を受賞。第二次世界大戦後、47年(昭和22)同志と二紀会を創立し、のち理事長となる。66年日本芸術院会員。晩年には『妻と私』のほか、的確な写実力と華麗な色彩による舞妓(まいこ)、裸婦の連作で注目された。



無料査定致します。お気軽にお問合わせください。

絵画・骨董品・西洋アンティーク等 美術品の買取
お電話でのお問い合わせ 全国共通[通話料無料] 0120-113-331