画家一覧

日本の芸術家

嶋本 昭三(しまもと しょうぞう、1928年1月22日 - 2013年1月25日)

日本の芸術家、現代美術家。京都教育大学名誉教授、宝塚造形芸術大学教授、日本障害者芸術協会会長。現代を代表する前衛アーティスト。

1928 年  大阪に生まれる。
1947 年  関西学院大学(社会学部哲学科)入学。在学中に全関西美術展朝日賞受賞。
1950 年  関西学院大学文学部卒業。
    このころ新聞紙に複数の穴をあけた作品《穴》を発表する。
1954 年  「具体美術協会」の結成に参加、以後中心メンバーとして活躍。
1955 年  第 1 回具体美術展(小原会館・東京)で体感型作品《この上を歩いてください》を発表。
1956 年  第 2 回具体美術展で「投擲(とうてき)絵画」を発表。
1957 年  機関誌『具体』第 6 号に「絵筆処刑論」を寄稿。
1962 年  グタイピナコテカにおける会員の連続個展の第 1 弾として嶋本昭三展が開催。
1970 年  万国博覧会お祭り広場 1000 人花嫁のアートのプロデュース。関西女子学園(現・宝塚造形芸術大学)主催。
1972 年  具体美術協会解散。嶋本は解散前に退会。
     コズミック・アート、アラン・カプローと共同制作などを行う。
1975 年  アーティストユニオン(現・AU)に参加。翌年、全国合議体事務局長に就任する。
1976 年  メールアートを本格的に始め、年間 60 ヶ国のネットワーク交流を持つ。
1992 年  日本障害者芸術文化協会の会長を務め、海遊館(大阪)で日本初の障害者の大規模芸術展を企画。
1996 年  広島に投下した原爆製造の原子物理学者バーン・ポーターが来宅し、以後平和運動の推進者となる。
1997 年  アメリカ芸術大学の教科書『Art HISTORY』( ABRUM 社)に明治以降ただひとり日本人で名が掲載される。
1998 年  アメリカ MOCA「戦後の世界展」にポロック、ジョン・ケージ、フォンタナと共に世界4大アーティストの一人に選ばれる。
1999 年  紺綬褒章受章。デヴィット・ボウイ、オノ・ヨーコと共に再びヴェネツィア・ビエンナーレに招待出品。
2000 年  フランスの城でコラボレーションアート宣言(日本ユネスコ・フェリシモ美術館共催)世界の
     元旦の新聞をならべアートを発表。作品はパリ・ユネスコにて展覧会。
2005 年  世界最小の「ナノアート」を発表。ナノテクノロジーにより歯ブラシの先にアートを制作する。
2013 年  死去(享年 85 歳)。


瓶詰した絵具を画面上で炸裂させる大砲絵画パフォーマンスや、ヘリコプターよりペイントを落としての絵画制作パフォーマンスなどが有名。
主な受賞には、95年に井植記念館文化賞、99年に紫綬褒章、2000年に兵庫県文化賞(現代美術)などがある。



草間 彌生(くさま やよい、1929年(昭和4年)3月22日 - )

日本の芸術家。長野県松本市生まれ。

1957年 ニューヨークへ渡る。
1996年 国際美術評論家連盟から2年連続でベストギャラリー賞を受賞。
2000年 第50回芸術選奨文部大臣賞、外務大臣表彰。
2001年 朝日賞を受賞。
2002年 紺綬褒章を受賞。
2003年 リヨン・ビエンナーレに参加。同年、フランス芸術文化勲章オフィシエ、長野県知事表彰を受ける。
2004年 大規模個展が日本を巡回。
2005年「草間彌生全版画集(1974年(昭和49年)~2004年(平成16年))」を阿部出版から刊行される。
2006年 旭日小綬章。ライフタイムアチーブメント賞。高松宮殿下記念世界文化賞。
2009年 10月、文化功労者に選出される。
2014年 安吾賞を受賞

少女時代より統合失調症(医学博士西丸四方が診断)を病み、繰り返し襲う幻覚や幻聴から逃れるために、それら幻覚や幻聴を描きとめる絵を描き始める。
水玉をモチーフに制作する事が多いが(ドット・ペインティング)。これは幼少期より彼女が経験してきた恐怖する幻覚や幻聴から身を守るために、作品全体を水玉(ドット)で埋め尽くす儀式でもあるとされる。
1957年渡米。前衛的なパフォーマンスや制作活動を展開。60年代には「前衛の女王」の異名もとった。
1968年、自作自演の映画『草間の自己消滅』が第4回ベルギー国際短編映画祭に入賞、第2回アン・アーバー映画祭で銀賞受賞。また、第2回メリーランド映画祭でも受賞。小説『クリストファー男娼窟』で第10回野性時代新人文学賞を受賞するなど小説家としての活動も行っている。
2009年には正方形の絵画群である「わが永遠の魂」シリーズの作成開始。auのiidaブランドの端末をプロデュース、2012年にはルイ・ヴィトンとのコラボレーションを発表するなど商業分野での活動も盛んに行なっている。



岡本 太郎(おかもと たろう、1911年(明治44年)2月26日 - 1996年(平成8年)1月7日)

抽象美術、シュルレアリスム、原始美術絵画をはじめ、彫刻、陶芸、書道、写真など幅広く活動した日本の芸術家。

1911年 2月26日、母の実家である神奈川県橘樹郡高津村二子/現在の川崎市高津区二子に生まれる。
1917年 東京・青山の青南小学校に入学
1918年 2回の転校ののち、東京・渋谷の慶應幼稚舎に入学。
1929年 慶應義塾普通部を卒業、東京美術学校(現・東京芸術大学)洋画科入学、半年後中退。父のロンドン軍縮会議取材に伴い、渡欧。その後、パリ大学ソルボンヌ校で哲学・美学・心理学・民族学を学ぶ。
1936年 油彩《傷ましき腕》(1938年の国際シュルレアリスム・パリ展の出品リストには《La Main douloureuse》とあり、パリ滞在時代から《傷ましき腕》に相当するフランス語タイトルが付されていたことが判明)を制作。アンドレ・ブルトンに絶賛される。1940年 パリ陥落の直前に帰国。
1942年 海外に在住していたために延期されていた徴兵検査を31歳にして受け、甲種合格。召集され、中国にて自動車隊の輜重兵として軍隊生活を送る。
1945年 5月、東京・南青山高樹町一帯を襲ったアメリカ軍の焼夷弾による空襲により、岡本太郎のパリ時代の全作品が焼失。
1946年 復員、東京都世田谷区上野毛にアトリエを構える。
1947年 後に養女となる平野(旧姓)敏子と出会う。
1948年 花田清輝、埴谷雄高らと「夜の会」結成。
1949年 翌年の現代美術自選代表作十五人展ために、読売新聞美術記者・海藤日出男のたっての希望により、戦災で焼失した油彩画《傷ましき腕》《露天》を再制作。
1950年 読売新聞主催の現代美術自選代表作十五人展に11作品を出品。
1951年 東京国立博物館で縄文土器を見る(11月7日)。
1952年 「四次元との対話-縄文土器論」を美術雑誌『みずゑ』に発表。
1954年 アトリエを青山に移し「現代芸術研究所」を設立。『今日の芸術』を光文社からはじめて刊行。
1955年 ヘリコプターで銀座の夜空に光で絵を描く。
1956年 旧東京都庁舎(丹下健三設計)に《日の壁》《月の壁》などの陶板レリーフを制作。
1964年 東京オリンピックの参加メダルの表側をデザイン。
1965年 名古屋の久国寺に梵鐘《歓喜》制作。
1967年 大阪万国博覧会のテーマ展示プロデューサーに就任。
1968年 初めての建築作品《マミ会館》が竣工。
1969年 1968年から制作が開始された《明日の神話》を完成。
1970年 大阪の日本万国博覧会のテーマ展示館《太陽の塔》完成。
1973年 岡本太郎デザインの飛行船レインボー号が空を飛んだ。スポンサーは積水ハウス。
1974年 NHK放送センター・ロビーにレリーフ壁画《天に舞う》制作。
1984年 フランス政府より芸術文化勲章を受ける。
1985年 つくば万博のシンボルモニュメント《未来を視る》を制作。
1988年 ダスキンのCMに出演。翌年アメリカの第29回国際放送広告賞を受賞。
1989年 フランス政府よりフランス芸術文化勲章を受章。
1992年 油彩《疾走する眼》制作。
1994年 三重県で開催される世界祝祭博覧会のシンボルモニュメント《であい》制作。
1996年 1月7日 急性呼吸不全のため慶應義塾大学病院にて逝去(満84歳没)。

フランスのソルボンヌ大学で「何のために絵を描くのか」という疑問に対する答えを得るため、マルセル・モールのもとで絵とは関係のない哲学・社会学・精神病理学・民族学を学ぶ。
人間としての自由や権利を阻害する者、権威を振りかざす者には徹底的に反抗し、それが彼の作品へと注ぎ込まれた。
戦後に東京都世田谷区上野毛にアトリエを設け、「絵画の石器時代は終わった。新しい芸術は岡本太郎から始まる」と宣言。当時の日本美術界に挑戦状を叩きつける。
1970年に大阪府吹田市で開催された日本万国博覧会で展示された「太陽の塔」はあまりにも有名。以降はテレビ番組にも多数出演し、「芸術は爆発だ」」「何だこれは」等の名言を残している。



高松 次郎(たかまつ じろう)

1936年~1998年。東京都出身。芸術家。

1958年 読売アンデパンダン展 出品
1965年 シェル美術賞1席 受賞
     長岡現代美術館賞展《カーテンをあけた女の影》が優秀賞受賞。
1967年 テアドロン財団賞 受賞
1968年 カルロ・カルダッツォ賞 受賞
     芸術選奨新人賞 受賞
1972年 東京国際版画ビエンナーレ国際大賞 受賞
1996年 「高松次郎の現在 1960-1996」展(三鷹市美術ギャラリー、新潟市美術館)開催
1998年 逝去。

技法や素材を限定せず、シリーズ作品を展開していくその特異な制作活動と作品で多くの注目を集める芸術家。
特に、<影>のシリーズや<原始>のシリーズなど、その広大で独特な世界観の作品が海外でも評価の高く、1998年の死去以降も各地で個展が開かれ、現在も関心の絶えない芸術家である。



杉本 博司(すぎもと ひろし)

1948年~。東京都出身。写真家、現代芸術家。

1970年 立教大学を卒業後、アートセンター・カレッジ・オブ・デザイン
(ロサンゼルス)で写真を学ぶ
1975年 写真作家として、自分のスタジオを構える
1977年 南画廊(東京)で自身初の個展開催
1981年 ソナベンド・ギャラリー(ニューヨーク)で個展開催
2001年 ハッセルブラッド国際写真賞 受賞
2009年 高松宮殿下記念世界文化賞 受賞
2010年 紫綬褒章 受賞
2013年 フランス芸術文化勲章オフィシェ 受賞
 現在  東京、ニューヨークを拠点に活動を続ける

有名な「ジオラマ」シリーズをはじめ、「劇場」「海景」「ポートレート」シリーズなどの、
写真と時間の関係性について、疑問を投げかける作品を生み出している。
その厳密で明確なコンセプトに基づいて制作された作品が非常に注目を集め、
技術的にも高く評価されている。
また、彫刻作品の<数理模型>シリーズの制作や、能舞台や神社などの建築に関する設計も手掛けており、現在も東京都ニューヨークを拠点に幅広く活動している。



村上三郎(むらかみ さぶろう)

1925年~1996年 兵庫県神戸市出身 芸術家

1943年 関西学院大学予科に入学、絵画部「弦月会」に入り、神原浩に師事し油絵を始める。
1952年 第5回芦屋市展(仏教会館、芦屋)を1994年の第47回展まで毎回参加する。また、この頃、金山明、白髪一雄、田中敦子ら新制作派協会における先鋭的メンバーによるグループ「0会」に参加。
1955年 白髪一雄、田中敦子、金山明らと共に吉原治良をリーダーとする「具体美術協会」に参加。1972年の解散時まで具体美術協会の主要メンバーのひとりとして活動。
1990年 神戸松陰女子短期大学教授となり、児童画教育にも携わった。
1996年 芦屋市立美術博物館での個展目前に70歳で死去。

木枠に張った多数の紙を突き破って走り抜ける紙破りのパフォーマンスで知られる。
また、野外具体美術展で発表された『あらゆる風景』は木枠だけを木にぶらさげて風景を見せる作品等観念的なものやキャンバスや石膏を貼り付けたり、絵具の流れ落ちる跡を定着させた物質的ものまで様々な絵画を制作した。



近藤浩一路(こんどう こういちろ)

1884年~1962年 山梨県南巨摩郡 日本の水墨画家・漫画家

1910年 東京美術学校西洋画科を卒業。
1915年 読売新聞社に入社して漫画や挿絵を描く。
1918年 珊瑚会への参加を契機に水墨画を始める。
1919年 第6回院展に『朝の日」等出品。
1921年 再興日本美術院の同人となる。
1923年 画塾『墨心舎』を創設。また、第10回院展に水墨画『鵜飼六題』を出品。
1931年 パリで個展開催し、アンドレ・マルローと親交を結ぶ。
1935年 第22回院展に『御水取八題』を出品。
1936年 日本美術院を脱退する
1949年 中川一政・小杉放菴らと墨心会を結成。
1959年 日展会員となる。
1962年 78歳で死去。

東京美術学校西洋画科を卒業後は文展に出品する傍ら、読売新聞社に入社して漫画や挿絵を描いた。
朝日新聞記者であった岡本一平と双璧で「一平・浩一路時代」と呼ばれ、徐々に名前が売れ始めるようになっていった。
珊瑚会に参加するようになり、洋画から日本画へ転向し、院展で活躍をした。
また、フランスに留学するなど更に画技に磨きをかけ水墨画へ移行し、洋画・日本画・水墨画と次々に画風を模索した結果、生み出されたものが従来の水墨画では描かれていなかった木漏れ日や外光といった潤いを見事に表現することに成功した。
もとの風景の持つ魅力を損なわず描写するといった三位一体の画風を確立し、作品を制作していった。



無料査定致します。お気軽にお問合わせください。

絵画・骨董品・西洋アンティーク等 美術品の買取
お電話でのお問い合わせ 全国共通[通話料無料] 0120-113-331