画家一覧

洋画家

田村孝之介(たむらこうのすけ)

1903年~1986年 大阪府出身 洋画家・文化功労者

1920年 上京して太平洋画会研究所に学び、翌年、小出楢重に師事する。
1924年 信濃橋洋画研究所の創設とともに同研究所で学ぶ。
1926年 第14回二科展で『裸婦立像』『風景』が初入選する
1927年 第1回全関西洋画展で全関西賞を受賞する。
1937年 二科会会員となる。
1947年 熊谷守一、宮本三郎らと二紀会を創立する。
1955年 兵庫県文化賞を受賞する。
1974年 ニ紀会理事長に就任する。
1984年 日本芸術院会員となる。
1985年 文化功労者として顕彰される。
1986年 82歳で死去。

昭和時代に活躍した日本の洋画家。
特に作品のテーマに一貫性はなく、国内外の風景・裸婦・女性像・人形・華等手掛ける題材は多く、新聞挿絵なども多く手掛けていた事で知られる。
また、戦争美術関係の展覧会にも多数出品を重ねており、生涯を通じて非常に多くの作品を手掛け、多くの作品を残した画家の一人として挙げられる画家である。



鳥海青児(ちょうかいせいじ)

1902年~1972年 神奈川県出身 洋画家

1924年 第2回春陽会展に応募した『洋女を配する図』、『平塚風景』が初入選。以後1930年まで連続入選を果たす。
1928年 三岸好太郎、三岸節子、森田勝と札幌市に滞在。『水無き川』を制作。
1936年 『信州の畠』、『道化』を制作。
1940年 『沖縄風景』を制作。
1953年 作庭に興味を持つ。ハリー・パッカードの知遇を得る。
1958年 文化財保護委員会の審議委員となる。
1964年 ブリヂストン美術館が鳥海の記録映画を制作する。『昼寝するメキシコ人』を制作。
1968年 『小説新潮』の表紙絵を一年間描く。
1972年 70歳で死去。

本名は正夫。
茶色を基調とした絵の具を多用し、土壁のような絵肌で単純化された構図の作品を数多く制作した。
砂を混ぜた渋い色調の絵具を厚く盛り上り、それをノミで削り取る技法を好んで用い、単純な構成部分とざらざらとした絵肌の重厚な質感の部分により、雅趣に富む味わいと気品を湛える画風を確立した。



辻永(つじひさし)

1884年~1974年 広島県出身 洋画家

1906年 東京美術学校西洋画科を卒業。
1908年 第2回文展で『秋』が初入選。
1910年 第4回文展で『飼はれたる山羊』が3等賞を受賞。
1912年 第6回文展で『無花果畑』が入賞。
1914年 第8回文展で『初秋』が入賞。
1921年 帰国して帝展審査員に就任する。
1935年 二部会を結成。
1947年 帝国芸術院会員に推挙される。
1949年 日展運営会常務理事に就任。
1955年 日本芸術院第一部長に就任。
1958年 日展理事長に就任。
1959年 文化功労者となる。
1968年 茨城県特別功績者として表彰される。
1969年 日展顧問に就任する。
1974年 90歳で死去。

昭和時代に活躍した日本の洋画家。
初期の頃は「山羊の画家」と呼ばれるほど山羊を題材とした作品を多く描いた。
文展で数々の賞を受賞し、戦後は日展を中心に活躍し、日展理事等をつ務め、最終的には「日展の法王」と呼ばれるほどの実力と権力を持つまでになった。
ヨーロッパへ留学してからは風景画家へ転身したが、格調高い風景画を発表するようになりその作品は高く評価されている。



椿貞雄(ツバキサダオ)

1896年~1957年 山形県出身 洋画家

1914年 岸田劉生に師事する。
1915年 岸田、木村とともに草土社を結成。
1920年 第1回個展を京都で開催。
1912年 岸田、中川一政等と春陽会の創立に参加。
1933年 4月銀座紀国屋ギャラリーで滞欧作品展開催、第8回国展「家族」。
1956年 第30回国画会展「孫二人」「工場裏」「孫」。
1957年 第31回国展「桜島風景」「泰山木」を出品。61歳で死去。

自身の生き方は岸田劉生と行動を共にし、作品にも影響を強く受けている。
また、白樺同人武者小路実篤、長与善郎と知り合い、その人生観、芸術観は終生、椿貞雄に大きな感化を与えたという。
1929年に国画会に招かれて会員となってからは没年まで同会に所属、出品を続けた。



鶴岡政男(つるおかまさお)

1907年~1979年 群馬県出身 洋画家

1922年 太平洋画研究所に入る。
1928年 第3回1930年協会展に入選する。また、洪原会を結成する。
1930年 NOVA美術協会を創立する。
1943年 靉光、松本竣介らと新人画会を結成する。
1944年 自由美術家協会会員となる。
1963年 第7回日本国際美術展で最優秀賞を受賞する
1979年 72歳で死去。

戦前は様々な職業に従事しながら『髯の連作』のような風刺的作品を発表し、また新人画会はファシズム、戦時下の暗黒の時代に抵抗した例として評価されているが、戦前の作品はほとんど焼失してしまった。
戦後は、『夜の群像』『重い手』等の作品が、敗戦後の現実に対する鋭い批判と風刺をもち、さらに『人間気化』『落下する人体』と混迷する社会と人間の姿を形象化した作品を描きつづけて注目された。
その後は、『青いカーテン』『視点B』等、ユーモアを秘めた現実風刺の作品を制作した。
終始、ヒューマニズムに立ち、醒めた眼で現実を把え造形化した作品を発表し、戦後の現代絵画界の中で重要な役目を果たした。



寺内萬治郎(寺内万治郎)

1890年~1964年 大阪府出身 洋画家・日本芸術院会員

1911年 東京美術学校西洋画科入学。
1916年 東京美術学校卒業。黒田清輝に師事する。
1922年 金塔社結成。
1925年 第6回帝展で『裸婦』が特選。
1926年 石榴社を結成。
1927年 第8回帝展で『インコと女』が特選。
1933年 帝展審査員。
1944年 門下生21名(須田剋太、里見明正、藤本東一良、岡田又三郎、渡辺武夫など)と武蔵野会を結成。
1951年 『横臥裸婦』で日本芸術院賞受賞。
1958年 日展評議員。
1960年 日本芸術院会員。
1964年 74歳で死去。

日本人の裸婦のかたちに愛着をもって、これをモチーフとした。
コローやドランの影響を受け、青灰色や黒をバックに配した質感ある小麦色に輝く日本の裸婦を描き続けた。
当たり前で奥深いものをめざし「デッサンの神様」といわれた描写力により、重厚で品位ある作品を描き「裸婦を描く聖者」とも呼ばれた。
また、素朴で温かい人柄で多くの画家に慕われ、後進の育成にも力を注ぎ、浦和画家の指導者としての役割も果たした。



中川紀元(なかがわきげん)

1892年~1972年 長野県出身 洋画家

1915年 第2回二科展で初入選。
1919年 渡仏し、アンリ・マティスに師事する。
1920年 第7回二科展で『ロダンの家』樗牛賞を受賞。
1922年 前衛的なグループ・アクションを結成する。
1930年 六潮会を結成し、洋画を離れる。
1937年 海軍従軍画家として上海・南京戦に参加する。
1947年 二紀会を結成する。
1964年 第20回日本芸術院恩賜賞を受賞。
1969年 辰野町初の名誉市民に選ばれる。
1972年 80歳で死去。

本名を紀元次。
はじめ彫刻を学んでいたが、のちに本郷洋画研究所、太平洋画会研究所で洋画を学び、石井柏亭・正宗得三郎にも師事した。
また、中村岳陵・福田平八郎らと六潮会を結成し日本画も描いた。
さらに、正宗得三郎・熊谷守一らと二紀会の創立に参加し、次第に油絵による南画的傾向の作品へと作風が移行していった。



中谷泰(なかたにやすし)

1909年~1993年 三重県出身 洋画家

1929年 上京し川端画学校に入り石膏デッサンを始める。
1930年 第8回春陽展に出品した『街かど』が初入選。
1939年 第3回新文展で『秋日』が特選。春陽会会友に推挙される。
1942年 第20回春陽展に『窓外風景』『婦人像』、第5回文展に『水浴』を出品し、特選。また、春陽会洋画研究所の移転に伴い退所し、以後木村荘八に師事する。
1951年 美術評論家の水沢澄夫のすすめで、日本美術会に入会。
1959年 日本国際美術展で優秀賞。
1966年 日本美術会総会で代表に選出。
1971年 東京藝術大学美術学部教授に任命される。
1993年 84歳で死去。

本名は中谷泰一。
絵本画家のいわさきちひろに油絵を指導したことでも知られる。
戦前から挿絵も手がけ、坪田譲治の名作児童文学「善太と三平」の挿絵や戦後のNHKのラジオドラマ番組「光を掲げた人々」をもとにした「光を掲げた人々」シリーズ全12巻の多くで挿絵を担当した。
日本美術会代表、東京藝術大学美術学部教授、財団法人いわさきちひろ記念事業団理事長や日本美術会附属美術研究所「民美」所長を歴任した人物である。



中西利雄(なかにしとしお)

1900年~1948年 東京都 洋画家

1924年 日本水彩画会の会員となる。
1927年 東京美術学校西洋学科を卒業。
1934年 第15回帝展で特選。
1936年 新制作派協会結成に参加。
1948年 48歳で死去。

大正~昭和時代に活躍した洋画家。
水彩画の風景画・肖像画の描写力、表現力に定評があり、近代的作風として評価された。
また、病の為に途中で描くのを辞めてしまうが、大仏次郎の「帰郷」の挿絵を毎日新聞に連載したことでも有名。
代表的な作品は、『森のカフェ』『夏の海岸』『ノートルダム寺院』等がある。



田村 能里子 (たむら のりこ)

1944年~。愛知県出身。洋画家、壁画家。

1962年 愛知県立旭丘高等学校美術課程卒業
1966年 武蔵野美術大学油絵学科卒業
1982年 昭和会展優秀賞受賞
1986年 文化庁芸術家在外研修員として中国に派遣、滞在
1988年 西安の飯店に壁画制作
1989年 中山競馬場のロビーに壁画制作、以後各地で壁画を制作
1999年 JR東海名古屋駅ビル、テレビ東京で壁画制作
2003年 ファンケルスクエアで壁画制作
2005年 マルホ株式会社創剤技術研究所に壁画「季のきらめき」を制作
2012年 ホテル椿山荘東京に壁画、アクリル画、デッサンを制作設置
2013年 福岡女子大学学生会館の壁画制作
2014年 高島屋日本橋店8Fの壁画制作



無料査定致します。お気軽にお問合わせください。

絵画・骨董品・西洋アンティーク等 美術品の買取
お電話でのお問い合わせ 全国共通[通話料無料] 0120-113-331