買取対応エリア

練馬区にお住いの方へ
美術品・絵画の買取は当店にお任せください。

日本美術保全協会の宅配買取での特徴は査定から買取まで査定料・手数料まですべて完全無料で実施していることです。
言葉の通り、配送料、査定料はもちろん無料ですが、それだけではありません。
なんと査定に納得がいかなかった場合の買取キャンセルによる返送料も無料です。
キャンセル時の返送料がいらないのでお気軽に買取サービスをご利用いただけます。
今となっては不用になった美術品・絵画・日本画・掛け軸がある方は一度日本美術保全協会の宅配買取を利用してみてはいかがでしょうか。
当サービスでは、北海道のお住まいの方でも無料で宅配買取サービスをご利用いただけます。
「不要になった美術品や絵画があるけど、処分しないまま置いてある」「そろそろ買い替えしようかな」と思ったら今すぐお申込み下さい。

練馬区について

東京23区の中では最も新しく誕生した区で、板橋区の一部だった旧北豊島郡練馬町・上練馬村・中新井村・石神井村・大泉村の区域が1947年8月1日に分離して発足した。当時、広大な板橋区の区役所までの経路が遠く、著しく不便であったことが分離の要因とされている。板橋区は練馬、石神井に行政派出所(後に支所)を設けたが、行政サービスは極めて限られていたため、西武池袋線沿線を中心として生活する住民の要望にこたえる形で分離された。

練馬区は緑の多い閑静な住宅街であり、最低居住面積水準未満の世帯率は東京23区で最も低い。練馬区民の男性の平均寿命は81.2歳で全国で第5位、東京23区で第1位である。また刑法犯認知件数は、人口が60万人以上のほぼ同規模の特別区[4]の中で大田区に次いで少ない。人口は約70万人で、23区中世田谷区に次いで多い。近年は副都心線や大江戸線などの開通に伴って、マンション建設ラッシュに沸いている。

東映東京撮影所に付随した東映動画が存在したことから、日本のカラー長編アニメ(又は民間アニメ)の発祥地、日本初の30分連続テレビアニメシリーズ『鉄腕アトム』(当時は「テレビまんが」と称された)を製作した、日本のアニメ産業の礎となった地である。日本一のアニメ関連企業の集積地でもある。

2021年4月以降に区内で行われる予定の新型コロナウイルス感染症へのワクチンの集団接種モデルとして、区は2021年1月、「練馬区モデル」と呼ばれる小規模診療所主体とし、公共施設での大規模接種を組み合わせたモデルを発表し、厚生労働省は先行事例として全国の自治体に情報提供しており、他自治体でも京都府京都市や栃木県佐野市で「練馬区モデル」が採用される見込みである。

東京23区の北西に位置する。東西は約10km、南北は約4kmから7kmのほぼ長方形をしており、面積は48.08km2である。23区の総面積の約7.7%に当たり、23区の中では5番目の広さである。

区内全域が武蔵野台地に属する。埼玉県南部とともに、今ものどかな風景を残している。河川は石神井川と白子川が中心で土地の高低差は小さい。かつては貫井川や田柄川が流れていた。

23区内の最高標高地点は練馬区関町南四丁目(武蔵関公園南方)で、標高約58mである。

北西には埼玉県新座市に囲まれた飛地(西大泉町1179番地)がある。区としてはこの飛地を埼玉県へ編入する方向で調整しているが、住民は反対している。

画家について

・神田日勝
1937年(昭和12年)東京の練馬に生まれる。1945年(昭和20年)、東京大空襲に遭遇。戦火を逃れる為、一家で北海道鹿追町へ疎開する。

1950年(昭和25年)に鹿追中学校に入学し、美術部を創設する。1952年(昭和27年)頃には兄・一明の影響を受け、油絵を始めた。1953年(昭和28年)に中学を卒業、美術が特に優れていたとして賞を受ける。そして東京芸術大学に進んだ兄の神田一明に代わり、農業を継ぐ。

1956年(昭和31年)、平原社美術協会展(平原社展)に『痩馬』を公募展初出品、朝日奨励賞を受賞する。その後も同展やや全道美術協会展(全道展)など北海道の美術運動を進める公募展を中心に出品、1960年(昭和35年)には『家』が全道展で初入選を果たす。これ以降は入選を重ね、評価を固めていく。1962年(昭和37年)に結婚、1964年に長男、1968年に長女が誕生する。

1970年(昭和45年)、全道展に代表作『室内風景』を出品。しかし6月下旬に風邪をこじらせ、体調の快復を得ないまま8月に入院し加療後も病状は好転せず、8月25日、腎盂炎による敗血症のため死去。32歳であった。

美術品無料査定致します お気軽にお問合せください

絵画・骨董品・西洋アンティーク等 美術品の買取
お電話でのお問い合わせ 全国共通 03-5809-1815

日本美術保全協会は、全国各地で美術品の買取に対応しております。