画家一覧

中国の画家

黄公望(こうこうぼう)

1269年~1354年 中国江蘇省出身 中国の水墨画家

倪瓚・呉鎮・王蒙と並び「元末四大家」と賞されるが、その中でも最も広い作風で、後代に多大な影響も与えた。
元代は士大夫の登竜門であった科挙が不定期にしか実施されず、行われたとしても旧南宋領域の住人には著しく不利であったため長らく官に就くことができず、40歳を過ぎて初めて蘇州の属吏となった。
しかし、程なく黄自身は無関係の徴税不正事件により失職する。
その後黄は官途に就かず占い師や戯曲家、道士などの遍歴を重ねるが、趙孟頫の知己を得て絵画を志し、50歳を過ぎて本格的な画家活動に入り『九峰雪霽図』等の作品を生み出した。
また、晩年に制作された『富春山居図』は水墨画の代表的な傑作として知られている。



藍瑛(らんえい)

1585年~1664年(没年に異説あり) 中国浙江省出身 中国(明)の画家

藍瑛は、初めは地元で画を学びますが、その後は江南の各地に遊学し、当時の江南随一の文人であった董其昌や陳継儒の知遇を得て、彼らの収蔵する様々な古画と文人画の理念を学んだ。
晩年に杭州に帰り多くの弟子を育てた。
杭州の伝統的な画派である浙派の雄大な構図法に、当時の江南の地で流行していた清雅な文人画法を取り入れ、新しい画風を確立。
その画風は家族や弟子に受け継がれ、武林派と呼ばれる為、「浙派の殿将」や「武林派の始祖」と呼ばれる。
日本でも池大雅をはじめ、江戸時代の南画家たちにも大きな影響を与えた。



劉旦宅(りゅうたんたく)

1931~2011年 中国浙江省出身 中国の画家

1950年から上海に住み、出版社の本の挿絵の制作を行った。
のちに『紅楼夢』という連環画を作成した。
上海人民美術出版社専業画家や上海師範大学美術系主任教授を務めた。



賀天健(がてんけん)

1891年~1977年 江蘇省無錫出身 中国の画家

8歳より書画を学ぶ。
1915年に無錫高等学校美術教員となるが、2、3年後上海に移り作画に専念した。
中央美術学院民族美術研究所研究員・中国美術家協会理事・上海市文学芸術界聯合会委員等を歴任した。
山水画・人物・花卉を得意とする。



羅聘(らへい)

1733年~1799年 中国の画家

清代中期の画家であり揚州八怪(金農・黄慎・李鱓・汪士慎・高翔・鄭燮・李方膺・羅聘)の一人で、金農の最晩年の弟子にあたり、師の没後その遺稿を出版した。
人物や墨梅、墨竹、花卉等をよくし、白昼に鬼がみえると自称して『鬼趣図』という作品を描いていた。
66歳で死去。



董其昌(とうきしょう)

1555年~1636年 中国出身 中国の文人画家

幼少時 高級官僚にして書家で名を残した莫如忠の書生となり、その子是龍に兄事した。
1568年 科挙の童試に合格し諸生となる。
1589年 35歳にして殿試に及第し進士となり翰林院庶吉士となり、次いで編修、光宗が皇太子の頃の教育係等を歴任し高級官僚の道を歩む。
1599年 政争に巻き込まれて左遷され、病気を理由に職を辞して帰郷。
1621年 光宗が即位しその招聘を受け、太常寺少卿に任命され『神宗実録』の編纂に携わる。また、ほぼひとりで『光宗実録』を編纂した。その功績を評価され要職を歴任し南京礼部尚書になる。
1636年 83歳で死去。
没後 太子太傅を授与。

字を玄宰。号は思白・思翁・香光と称し、斎室の戯鴻堂・玄賞斎・画禅室も号として用いた。禅に帰依していたため香光居士とも言った。
明代末期に活躍した文人で、特に書画に優れた業績を残した。
清朝の康煕帝が董其昌の書を敬慕したことが有名で、その影響で清朝において正統の書とされた。
また独自の画論は、文人画(南宗画)の根拠を示しその隆盛の契機をつくり、後世へ及ぼした影響も大きいことから芸林百世の師と尊ばれた。



金延標(きんていひょう)

生没年不詳 中国の宮廷画家

字は士揆。
18世紀の清朝の画家で乾隆帝の南巡が行われた際に献上した自作の『白描羅漢冊』が皇帝の目にとまり、宮廷画家として召抱えられることとなった。
果物や花卉、人物画を得意とした。



八大山人(はちだいさんじん)

1626年~1705年 中国出身 画家・書家・詩人

本名は朱耷、または朱由桵、字は雪個。
江西省南昌に在した明朝の宗室のひとつ石城王の一族出身。
官吏を目指し、科挙試験を受ける為民籍に降り、初頭段階を経て応試の資格を得るが、1644年に明朝そのものが滅亡したことにより、その夢は断たれてしまう。
その後、清軍の侵攻を避けて臨川県・進賢に逃げ、1648年に出家し、その地の禅寺である耕香庵に入り、仏道修業に励み、数年後には宗師となった。
仏門に入ってから20年後、100人近い弟子を持ち、寺の外にも評判が聞こえていたため警戒され、県令の胡亦堂の命により官舎に軟禁されたが、僧服を焼き捨てて南昌へ奔走した。
仏曹界から離れてからは、王羲之・王献之・顔真卿・董其昌を範として画作を始める。「流暢秀健」の風格を有する八大山人の書法は、その後の「揚州八怪」、趙之謙、呉昌碩、任伯年、斉白石などの大家に極めて大きな影響をも与えたといわれる。
画風は、水墨花鳥画の形式を基本とし、花卉や山水、鳥や魚などを多く題材にしつつ、伝統に固執しない大胆な描写を得意とした。



王時敏(おうじびん)

1592年~1680年 中国江蘇省太倉出身 清代初期の画家

四王呉惲【うん】の一人で字は遜之、号は烟客、西廬老人など。
王鑑、王翬、王原祁とともに婁東派四王と呼ばれ、さらに惲寿平、呉歴も加え清初六家と呼ばれた。
董其昌に師事して南宗画を学び,元末四大家ことに黄公望の画風を慕い、山水画をよく描いた。
清初画壇に多大な影響を与えた人物。
88歳で死去。



辺寿民(へんじゅみん)

1684年~1752年 中国江蘇省山陽出身 清代の画家

初名は維祺、字は頤公、号に漸僧・葦間居士等。
書画ともに秀れ、画は杜撰な水墨を用いて花鳥、蔬果、山水、没骨法による芦雁が有名で「辺の芦雁」と呼ばれる。
楊州八怪の鄭板橋・金農らと交友を持ち、個性的な花鳥画、四君子等、のちの中国画に強い影響を与えた。
北京故宮博物院蔵の蘆雁画図などが一般的に知られている。
68歳で死去。



美術品無料査定致します お気軽にお問合せください

絵画・骨董品・西洋アンティーク等 美術品の買取
お電話でのお問い合わせ 全国共通[通話料無料] 0120-113-331

日本美術保全協会は、全国各地で美術品の買取に対応しております。

買取対応エリア一覧

東京都23区

千代田区 | 中央区 | 港区 | 新宿区 | 文京区 | 台東区 | 墨田区 | 江東区 | 品川区 | 目黒区 | 大田区 | 世田谷区 | 渋谷区 | 中野区 | 杉並区 | 豊島区 | 北区 | 荒川区 | 板橋区 | 練馬区 | 足立区 | 葛飾区 | 江戸川区 | 東京(その他のエリア)

全国47都道府県

北海道 | 青森県 | 岩手県 | 宮城県 | 秋田県 | 山形県 | 福島県 | 茨城県 | 栃木県 | 群馬県 | 埼玉県 | 千葉県 | 東京都 | 神奈川県 | 新潟県 | 富山県 | 石川県 | 福井県 | 山梨県 | 長野県 | 岐阜県 | 静岡県 | 愛知県 | 三重県 | 滋賀県 | 京都府 | 大阪府 | 兵庫県 | 奈良県 | 和歌山県 | 鳥取県 | 島根県 | 岡山県 | 広島県 | 山口県 | 徳島県 | 香川県 | 愛媛県 | 高知県 | 福岡県 | 佐賀県 | 長崎県 | 熊本県 | 大分県 | 宮崎県 | 鹿児島県 | 沖縄県